レーザー治療

レーザー治療

美容皮膚科でよく行われている施術の一つがレーザー治療です。
美容皮膚科で用いられているレーザーは多種多様で、様々な肌トラブルの改善に効果を表しています。
美容皮膚科では、太田母斑やあざの治療、シミ治療、肌のくすみやそばかす改善、美肌治療、いぼ取り、ほくろ除去、ニキビ跡治療、タトゥーやアートメイクの除去にレーザーが用いられています。
レーザーは、黒色にのみ反応する特性を持っているため、肌の奥のメラニン色素にのみダメージを与えることができます。

レーザー治療

メラニンにダメージを与えることで、肌トラブルを解消することができるのです。
ダメージが加わったメラニンは、肌のターンオーバーによって数日間かけて角質層まで到達し、垢として剥がれ落ちます。
この技術を応用した美容施術では、フォトフェイシャルというものもあります。
美容整形外科やエステサロンでも行われている施術ですが、美容皮膚科の場合には、より専門的で多様な施術が受けられます。
レーザー治療を受けることによって、肌全体のトラブルや悩みを総合的に改善できるというメリットもありますので、とても人気の高い施術となっています。