にきび治療

肌に関する悩みで最も多いのは、ニキビなのではないでしょうか。
思春期の人が悩まされる事が多いニキビですが、20歳を超えた大人でもニキビに悩んでいる人はたくさんいます。
大人になってもなおできるニキビのことを特に大人ニキビと呼んでいます。

そもそもニキビとは、尋常性ざ瘡という皮膚疾患です。ニキビというと、皆ができるものというイメージでついつい放っておきがちですが、皮膚疾患なのだということを認識すれば、治療したほうがいいものだという認識を持てるようになるのではないでしょうか。
ニキビに悩んでいる人は、ついつい自己流のスキンケアでどうにかしようと思ってしまうものですが、皮膚疾患である以上は、皮膚科に行って治療するのが最も効果的です。
自己流のケアだと治癒に時間がかかりますし、ニキビ跡が残って汚くなってしまうこともありえます。

たかがニキビと放置したり、セルフケアで済ませずに、皮膚科にいって治療を受けるようにしましょう。
特に、美容皮膚科に行ってみるのがオススメです。
もちろん街の皮膚科でもニキビ治療を扱っていることがほとんどですが、もっと専門的に美容という観点からの治療を受けられるが美容皮膚科なのです。
短期間でキレイに治したいというのであれば、美容皮膚科での治療が最も適しているでしょう。

美容皮膚科で行われるニキビ治療は、病院によっても様々です。
使用している美容機器も、医療器具も、塗り薬や内服薬も病院によって異なります。
ここでは、多くの美容皮膚科で行われている治療方法についてご紹介します。

■ピーリング
肌表面に停滞している角質をキレイに除去し、肌のターンオーバーを促します。
肌に負担をかけないよう、刺激の少ないタイプのピーリング剤を使用します。特に、ニキビがある部分への刺激はとても良くないので、刺激を与えないようにしつつ余分な角質だけを除去します。

■ビタミン導入
ニキビを改善するためには、ビタミンが必要です。
特に、ビタミンCはニキビ治療には欠かせないものです。市販の化粧品や治療薬にもビタミンCが配合されています。
しかし、ビタミンCは、空気に触れるだけで酸化してしまう繊細な物質です。ですから、肌の内部に有効成分を届けるのは非常に難しいのです。
そこで、美容皮膚科では、イオン導入という方法でビタミンCの有効成分をダイレクトに皮膚内部に浸透させています。

  • 美容皮膚科の口コミが知りたいならこちらを参考にしましょう。気になる肌荒れ、手っ取り早く解決したい方は必見です。